北エリア
じっそういん

実相院

見どころ
新緑や紅葉の美しさは洛北随一。美しく床に写る「床もみじ」「床みどり」が特に有名

岩倉に佇む格式高い門跡寺院

元天台宗の寺門派の単立寺院。1229(寛喜元)年に門跡寺院として開山、「岩倉門跡」「岩倉御殿」とも呼ばれる。もとは紫野や京都御所近くに位置したが、応仁の乱の災禍から逃れるために岩倉へ。義周法親王が門跡となった際には、大宮御所の承秋門院の旧宮殿の一部が下賜され、正面の四脚門、玄関横の御車寄、中の客殿として移築された。その頃は、公家ら格式高い家柄の人々が和歌の会やお茶会などを開き、数々の古文書にその様子が書き残されている。寺宝には重要文化財である後陽成天皇宸翰 「仮名文字遣」、後水尾天皇宸翰 「忍」、岸駒 石灯籠 「寒山拾得の図」、歴代門跡が綴った「實相院日記」などがある。狩野派の画家による襖絵、「床もみじ」「床みどり」と呼ばれる黒光りする床(文化財保護のため撮影禁止)、山水庭園や雄大な石庭など見どころが多い。

写真
写真
写真
住所 左京区岩倉上蔵町121
電話番号 075-781-5464
FAX 075-781-5464
URL http://www.jissoin.com
時間 9:00〜17:00
休館日 不定休
料金 一般500円・小〜中学生250円
交通 京都バス 岩倉実相院からすぐ

周辺施設

写真:黎明教会資料研修館

黎明教会資料研修館

日本美術に見出す神の理想世界

写真:旧三井家下鴨別邸

旧三井家下鴨別邸

明治の面影伝える三井家ゆかりの名建築

写真:日本伝統茶室 数寄屋建築博物館

日本伝統茶室 数寄屋建築博物館

歴史的な日本最高峰伝統文化の体験・研修場

写真:井村美術館

井村美術館

歴代の柿右衛門・今右衛門を堪能

error: