西エリア
ががっきはくぶつかん

雅楽器博物館

見どころ
鎌倉時代の琴や笙など、貴重な楽器も多数伝わっており、歴史の重さと専門性の高い充実の内容

平安時代の雅な音色を今に伝える

奈良時代から数えると1300年もの歴史を持つ雅楽。中国大陸(唐)・朝鮮半島(高句麗)から伝わった宮中との関わりが深い日本の伝統音楽であり、楽器は日本の伝統工芸を総合した芸術品である。山田家は雅楽器の制作・修理を、江戸時代より受け継いでいる雅楽器師の家。木工工程のみならず、漆芸・螺鈿細工・金彩など仕上げまでのすべての工程を五代目・六代目ともに1人でこなしている。また実際に演奏も行い、後継者育成にもあたるなど多くの人々にその魅力を伝えている。博物館は、古代楽器を筆頭に、笙・龍笛・篳ひち篥りき・高麗笛・神楽笛・楽太鼓・楽琵琶・楽琴・和琴・能管・楽譜にいたるまで、雅楽と能楽、長唄、祇園祭にまつわる品などを60数点所蔵。完全予約制で自宅兼工房の2階を開放し、実物を見ながらひとつひとつわかりやすく丁寧な解説をしてくれる

写真
写真
写真
住所 中京区西ノ京月輪町13-3
電話番号 075-802-2505
FAX 075-802-2505
時間 10:00〜17:00(要予約)
休館日 不定休※現在休館中、再開時期未定
料金 一般1,000円・高校生800円・中学生700円・小学生500円(ガイド付き)
交通 地下鉄東西線 西大路御池駅から徒歩約15分/市バス 西小路御池から徒歩約2分

周辺施設

写真:京北さんさと民俗資料室

京北さんさと民俗資料室

人々の営みと町の歴史を伝える

写真:京都dddギャラリー

京都dddギャラリー

グラフィックデザインの潮流の発信

写真:善峯寺文殊寺宝館

善峯寺文殊寺宝館

日本文化を再発見できる宝物

写真:京都嵐山オルゴール博物館

京都嵐山オルゴール博物館

優美なランプを灯した時代へ

error: