中央エリア
やなぎはらぎんこうきねんしりょうかん(きょうとしじんけんしりょうてんじしせつ)

柳原銀行記念資料館(京都市人権資料展示施設)

見どころ
館内の階段や天井など全体の約3割が、当時の部材を使って復元されており、親しみを実感できる

被差別民が創った京都に現存する最古の木造建築の銀行

1899(明治32)年、柳原町(崇仁地区)元町長明石民蔵ら地元有志によって旧同和地区内に設立された銀行。木造としては京都に現存する最古の銀行建築のひとつであり、1994(平成6)年には京都市登録有形文化財に登録された。当初は河原町通と塩小路通の南西角に建てられていたが、国道24号線の拡張工事に伴い解体が検討されたため、地元のまちづくりのシンボルとして保存運動がおこり、現在の場所に移築・復元され、1997(平成9)年に柳原銀行記念資料館として開設した。資料館は、同地区の産業振興や教育の向上に貢献した柳原銀行の精神を受け継ぎ、人権の尊さを伝えるため、地元の方から寄贈された貴重な資料を元に、地域の歴史・文化・生活などについて常設展示を展開。また年に1回ずつ特別展と企画展を行っている。同和問題をはじめ、さまざまな人権問題への正しい理解と人権意識の普及・高揚を図る啓発拠点となることを目指している。

写真
写真
写真

クイズ Q

日本銀行の最高位は〇〇と呼ぶ。

住所 下京区下之町6-3
電話番号 075-371-0295
FAX 075-371-0295
URL http://suujin.org/yanagihara
時間 10:00 〜16:30
休館日 月・火曜・祝日・振替休日・国民の休日・12/29〜1/3・展示替の日
料金 無料
交通 地下鉄烏丸線 京都駅3番出口から徒歩約8分/JR 京都駅中央出口から徒歩約10分/京阪 七条駅から徒歩約8分/市バス 塩小路高倉から徒歩約5分

周辺施設

写真:遠藤剛熈美術館

遠藤剛熈美術館

情熱と信念の画家

写真:京都文化博物館

京都文化博物館

歴史資料から映画まで幅広く展示

写真:東寺宝物館

東寺宝物館

空海以来の密教美術にふれる

写真:益富地学会館(石ふしぎ博物館)

益富地学会館(石ふしぎ博物館)

石に秘められた魅力に迫る

error: