東エリア
ちしゃくいんほうもつかん・ていえん

智積院宝物館・庭園

見どころ
力強く描かれた楓の幹の豪快さと、細やかで繊細に描かれた秋草の可憐さとが同居する作品

桃山美術が堪能できる寺院

もとは紀州(和歌山)の根来寺の塔頭のひとつ。後に、京都・東山にあった寺院―豊臣秀吉が3歳で亡くなった息子・鶴松の菩提を弔うために建立した祥雲寺(祥雲禅寺)―を徳川家康より寄進され、現在の地に再興した。宝物館には、日本の障壁画の代表作として知られている国宝の長谷川等伯「楓図」・長谷川久蔵「桜図」をはじめ「松に秋草図」や「松に立葵図」など、長谷川派の障壁画が展示されている。これらは祥雲寺を飾るために描かれたものであり、明るく豪華絢爛な作風は、桃山美術の典型的な作品といえる。大書院に面した大きな池とサツキの刈り込みが印象的な名勝庭園。利休好みの庭として有名で、刈り込みに自然石を配し、深山幽谷の趣きを表現。書院に座って眺める池泉鑑賞式の庭園である。その一部に、祥雲寺時代の庭が残っている。

写真長谷川等伯 楓図壁貼付(部分)

長谷川等伯 楓図壁貼付(部分)

写真名勝庭園

名勝庭園

写真
住所 東山区東大路通七条下ル東瓦町964
電話番号 075-541-5361
FAX 075-541-5364
URL http://www.chisan.or.jp/
時間 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 12/29〜31
料金 宝物館・名勝庭園 一般500円・中〜高校生300円・小学生200円
交通 京阪 七条駅から徒歩約10分/市バス 東山七条からすぐ

周辺施設

写真:長楽寺 収蔵庫

長楽寺 収蔵庫

東山の麓に佇み歴史を見てきた寺

写真:無鄰菴

無鄰菴

近代庭園の画期となった山縣有朋の別荘

写真:京都祇園らんぷ美術館

京都祇園らんぷ美術館

優美なランプを灯した時代へ

写真:養源院

養源院

天皇家・徳川家・豊臣家に関わる寺

error: