東エリア
だいほんざんとうふくじ

大本山 東福寺

見どころ
開山国師の「頂相」、画聖・兆殿司筆の禅画や絵画・古文書・経典などが並んでいる

度重なる火災を乗り越え伝わる宝物

摂関・九條道家が聖一国師を開山として菩提寺建立を発願。1236(嘉禎2)年より19年の歳月をかけて東福寺を建立し、聖一国師を開山に仰いで京都最大の伽藍を発足させたのが摂関・久篠道家である。1319(元応元)年、1334(建武元)年、1336(延元元)年に起こった火災で大部分を焼失するが、1346(貞和3)年に前関白・一條経道により復興し、京都最大の禅宗寺院としての寺観を整えたのである。しかし、1881(明治14)年には仏殿・法堂・方丈・庫裡を焼失し、大正〜昭和にかけて順に再建されていった。境内には、国宝で日本最古の三門、浴室・東司・禅堂など重要文化財の古建築が並んでいる。光明宝殿では、国宝「絹本着色無準師範像」や重要文化財の「阿弥陀如来坐像」といった仏像のほか、東福寺とその塔頭寺院の文化財、5000点以上を収蔵。不定期開催の特別名宝展で公開している。

写真重要文化財 阿弥陀如来坐像

重要文化財 阿弥陀如来坐像

写真本堂

本堂

写真
住所 東山区本町15丁目778
電話番号 075-561-0087
FAX 075-533-0621
URL http://www.tofukuji.jp
時間 4月〜10月末 9:00〜16:00(16:30に閉門)・11月〜12月初旬 8:30〜16:00(16:30に閉門)・12月初旬〜3月末 9:00〜15:30(16:00に閉門)
休館日 無休
料金 通天橋・開山堂/東福寺本坊庭園 一般400円・小〜中学生300円 ※光明宝殿/通常は非公開。春の特別名宝展期間(4月下旬〜5月上旬)は有料
交通 京阪 鳥羽街道駅から徒歩約8分/JR、京阪 東福寺駅から徒歩約10分/市バス 東福寺から徒歩約10分
駐車場 あり(無料・秋の特別拝観期間中は閉鎖)

周辺施設

写真:養源院

養源院

天皇家・徳川家・豊臣家に関わる寺

写真:京都祇園らんぷ美術館

京都祇園らんぷ美術館

優美なランプを灯した時代へ

写真:並河靖之七宝記念館

並河靖之七宝記念館

訪れる人を魅了する邸宅美術館

写真:一燈園資料館「香倉院」

一燈園資料館「香倉院」

一燈園の精神と作家たちとの交流

error: