北エリア
ちゃどうしりょうかん・こんにちあんぶんこ

茶道資料館・今日庵文庫

見どころ
利休の孫・宗旦が2度目の隠居の際に建てた茶室「又隠」の写し。精神性の深い空間構成である

茶道文化を総合的に学ぶ

茶の湯に関する企画展を開催し、掛物、茶碗、花入などの茶道具や関連の美術工芸品、文献資料などを中心に展示を行っている美術館。2階陳列室には、今日庵(こんにちあん)と共に裏千家を代表する茶室のひとつ「又隠(ゆういん)」(重要文化財)の写しを設けており、茶室内を見学することができる。また、茶道資料館主催で、流派を超えた茶道文化検定を年1回実施している。展覧会の入館者には呈茶(ていちゃ)があり、抹茶と和菓子をお召し上がりいただいている(10名以上は要連絡)。椅子に腰かける立礼(りゅうれい)形式で、希望があれば作法の説明を受けられる。行事等の都合で、点前の対応が出来ない日があるので、希望者は事前に要確認。このほか、裏千家の歴代家元が収集した茶道に関する図書、雑誌、映像資料など約7万点を収蔵する茶の湯の専門図書館「今日庵文庫」が併設されている(開館日時は異なる。入館無料)。手続きをすれば、どなたでも閲覧することができる(閲覧室でのみ可。館外貸出不可)。

写真1階陳列室

1階陳列室

写真「又隠」写し

「又隠」写し

写真今日庵文庫の閲覧室

今日庵文庫の閲覧室

クイズ Q

次のうち、わび茶を広めたのは誰か。①片桐石州 ②千利休 ③小堀遠州 ④井伊直弼

住所 上京区堀川通寺之内上ル寺之内竪町682 裏千家センター内
電話番号 075-431-6474(茶道資料館)075-431-3434(今日庵文庫)
FAX 075-431-3060
URL https://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/
時間 茶道資料館9:30〜16:30(入館は16:00まで) ※今日庵文庫10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜・展示替期間・年末年始(12/27~1/6)/今日庵文庫 月曜・土曜・日曜・祝日・8/13~16・年末年始(12/27~1/6)
料金 通常展 一般700円・大学生400円・中〜高校生300円/特別展 一般1,000円・大学生600円・中〜高校生350円
交通 市バス 堀川寺ノ内から徒歩約3分
駐車場 あり(無料)

周辺施設

写真:京都芸術大学 芸術館

京都芸術大学 芸術館

時空をつなげる「芸術」のかたち

写真:京都府立植物園

京都府立植物園

楽しみ方いろいろな公立植物園

写真:駒井家住宅(駒井卓・静江記念館)

駒井家住宅(駒井卓・静江記念館)

北白川のヴォーリズ建築

写真:立命館大学 国際平和ミュージアム

立命館大学 国際平和ミュージアム

大学初の総合的な平和博物館

error: