北エリア
ふるたおりべびじゅつかん

古田織部美術館

見どころ
織部好みの茶道具に加え、直筆の書、織部と関係のあった武将・茶人の遺物なども展示

「織部好み」至高の美を内外に発信

古田織部、名は重然。「利休七哲」の一人で、信長、秀吉に仕え、徳川将軍家の茶の湯指南を務めるなど、利休亡き後「天下一」と称された武将茶人である。「へうげもの(ひょうきんなもの)」と表現された美濃焼茶碗をはじめ、大胆で、前衛的な造形、文様で知られる。織部の独創的な美意識に魅せられた宮下玄覇館長が、長年にわたって収集した茶道具・焼物など約500点を所蔵。織部の400年忌にあたる2014(平成26)年に開館した。唐津、美濃(志野・織部)、備前、伊賀などで好みの焼き物が焼かれたほか、茶道具の製作、建築、作庭などでも才能を発揮、「織部好み」として一世を風靡した。その「至高の美」を国内外に発信すべく、年3回の企画展で、所蔵品を中心に紹介している。入り口横には、織部灯篭や復元した団子つくばいが据えられた坪庭もあり、織部の世界に触れることができる。

写真
写真黒織部六波文茶碗

黒織部六波文茶碗

クイズ Q

1599(慶長4)年の茶会で、古田織部が用いたゆがんだ茶碗を見て、博多の豪商・神屋宗湛が発した言葉とは?

住所 北区上賀茂桜井町107-2 地下1階
電話番号 075-707-1800
FAX 075-707-1801
URL http://www.furutaoribe-museum.com
時間 9:30〜17:30(入館は17:10まで)
休館日 年末年始・展期替え期間中
料金 一般500円・高~大学生400円・小~中学生300円
交通 地下鉄烏丸線 北山駅4番出口から徒歩約3分/市バス、京都バス 植物園北門前から徒歩約3分

周辺施設

写真:北野天満宮宝物殿

北野天満宮宝物殿

天神さんを崇め信仰あつい人々の奉納の数々

写真:京都府立堂本印象美術館

京都府立堂本印象美術館

変幻自在に表現する芸術家

写真:宝鏡寺門跡

宝鏡寺門跡

皇室ゆかりの愛らしい人形たち

写真:京都大学 百周年時計台記念館 歴史展示室

京都大学 百周年時計台記念館 歴史展示室

京大を見守り続けてきた大時計台

error: