東エリア
かひつかん・きょうとげんだいびじゅつかん

何必館・京都現代美術館

見どころ
最上階の5階にある光庭。自然光が降り注ぎ、自然と人工物の調和が美しい

写真作品から現代作家まで幅広い企画展を開催

「何必館・京都現代美術館」は、定説を「何ぞ、必ずしも」と疑う自由な精神を持ち続けたいという願いをこめて命名され、昭和56(1981)年に開館した美術館。賑やかな祇園町の中にありながら、館内に入れば、静寂な空間が広がる。5階には「光庭」と茶室があり、作品を自然光で鑑賞していただけるように工夫されている。日本画家の村上華岳、洋画家の山口薫、北大路魯山人のコレクションを中心に、近現代の絵画、工芸、写真、書などの企画展を開催している。特に北大路魯山人のコレクションは質・量ともに日本有数といわれ、企画展とあわせて、地下の「北大路魯山人作品質」も常設展として見ることができる。

写真北大路魯山人 つばき鉢(1938年) 何必館・京都現代美術館蔵

北大路魯山人 つばき鉢(1938年) 何必館・京都現代美術館蔵

写真
写真
住所 東山区祇園町北側271
電話番号 075-525-1311
FAX 075-525-0611
URL http://www.kahitsukan.or.jp
時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日 月曜・年末年始・展覧会準備期間
料金 一般1,000円・中〜大学生800円
交通 京阪 祇園四条駅から徒歩約3分/市バス 祇園から徒歩約2分

周辺施設

写真:日図デザイン博物館

日図デザイン博物館

未来に向けたデザイン文化

写真:細見美術館

細見美術館

四季折々のテーマで美術を愉しむ

写真:お辨當箱博物館

お辨當箱博物館

お弁当箱が語る江戸時代の食文化

写真:ぎをん思いで博物館

ぎをん思いで博物館

祇園の華やかな賑わいを紹介

error: