東エリア
ちょうらくじしゅうぞうこ

長楽寺 収蔵庫

見どころ
庭園は、室町時代、相阿弥が足利義政の命で銀閣寺の庭を造る時、試作的に造ったもの

東山の麓に佇み歴史を見てきた寺

805(延暦24)年、桓武天皇の勅命で、天台宗の延暦寺別院として最澄が創建。最澄が唐への旅の途中に嵐で遭難しかけた時、准胝観音を乗せた二頭の龍神が現れ嵐が静まったといわれ、その准胝観音を最澄自ら刻んで本尊とした。勅封の秘仏であり、勅使が来られた時だけ開帳される。鎌倉時代初期に浄土宗に、室町時代に時宗に改宗している。平清盛の娘である建礼門院徳子が、壇ノ浦の戦いの後、京都に連れ戻されて落飾、尼・直如覚となったのが、この長楽寺である。建礼門院の子・安徳天皇の御衣で作った「安徳天皇御衣幡」や上から黒塗りして源氏の目から隠していたという「建礼門院御影」、無邪気に遊ぶ様子を描いた「安徳天皇画像」、時宗宗祖「一遍上人像」など重要文化財7体などが宝物館に収蔵され、常設されている。春と秋に特別展も開催。

写真
写真
写真
住所 東山区円山町626
電話番号 075-561-0589
FAX 075-561-8550
URL http://www.age.ne.jp/x/chouraku
時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 木曜 ※特別拝観期間中は無休
料金 高校生以上500円・中学生以下250円/特別展は別途
交通 市バス 祇園から徒歩約10分、東山安井から徒歩約13分

周辺施設

写真:大本山 東福寺

大本山 東福寺

度重なる火災を乗り越え伝わる宝物

写真:京都陶磁器会館

京都陶磁器会館

伝統的な焼き物の魅力にふれる

写真:清水焼の郷会館

清水焼の郷会館

焼き物に親しむ町の伝統陶芸

写真:並河靖之七宝記念館

並河靖之七宝記念館

訪れる人を魅了する邸宅美術館

error: