北エリア
ぎゃらりーしおりあん

ギャラリー紫織庵

見どころ
着物や襦袢、小物の柄の数々。特に大正など戦前のモダン柄を復刻

卓越した技量と美を京の友禅染にみる

中京区の街中にあった町家の美術館「紫織庵」が2018(平成30)年10月1日に、「ギャラリー紫織庵」として、上京区にオープンした。新ギャラリーは西陣の織物工場跡地で、市の景観保全地区にたたずみ、伝統ある京の織物・染色文化を次世代に伝えていこうというのが目的。入り口の壁面に並ぶ長襦袢の、その多彩な柄が目に飛び込む。柄は明治から大正期にかけてのものが中心で、レトロでありながらモダン調なその数々は、今流行りのファッションやデザインにも似て、現代にも相通じる当時の感性に驚かされる。隣には戦前の柄の原本(下絵)をベースに復刻した刺繍半襟や、ビロード友禅、本手擦り染めによる着物、帯、浴衣(季節限定)、小物類などが展示されており、どれもその美と卓越した技量が見る人の目を奪う。また、それら専用にデザインされた建築空間はさらに魅力を引き立て、大人はもちろん、若い人たちの人気も集めそうな施設である。

写真
写真
写真
住所 上京区浄福寺通上立売上ル大黒町709番地
電話番号 075-241-0215
FAX 075-241-0265
URL http://www.shiorian.com
時間 10:00〜17:00(秋・冬季)、10:00〜17:30(春・夏季)
休館日 不定休
料金 無料、ただし団体は要予約
交通 市バス 今出川浄福寺から徒歩約5分、千本今出川から徒歩約7分、堀川寺ノ内から徒歩約8分
駐車場 あり

周辺施設

写真:環境教育学習施設 京都市東北部クリーンセンター

環境教育学習施設 京都市東北部クリーンセンター

 

写真:寂光院 鳳智松殿(宝物殿)

寂光院 鳳智松殿(宝物殿)

建礼門院が過ごした平家物語の世界

写真:相国寺承天閣美術館

相国寺承天閣美術館

相国寺・金閣・銀閣の歴史を綴る名品がそろう

写真:京都工芸繊維大学 美術工芸資料館

京都工芸繊維大学 美術工芸資料館

デザインを重視したコレクション

error: