北エリア
だいしょうぐんはちじんじゃほうとくでん

大将軍八神社方徳殿

見どころ
所蔵する神像の多くは、大将軍信仰の最盛期である平安中期〜鎌倉時代に造られている

星の神々が表す立体曼荼羅

平安京造営時、方位の厄災から都を守るため、桓武天皇の命によって大内裏の北西の角地(天門)に創建された。方位を司る陰陽道の星神「大将軍」を祀り、引っ越しや移動、旅立ちの際の方位守護・厄除けの神として信仰されてきた。創建当初は、御堂の中に大将軍神のお姿を立体星曼荼羅に安置し、そこで護摩を焚いて祈祷していたという。方徳殿には100体以上の神像が納められており、このうち80体が重要文化財で、1階に立体星曼荼羅を再現している。その姿・数ともに圧巻で、全国的にもたいへん珍しく、神道には少ない星の信仰について認識できる展示となっている。陰陽道と強い関わりを持っていたため、2階には安倍晴明の子孫が伝えてきた貴重な陰陽道・天文学資料も多数展示している。

写真大将軍神像郡

大将軍神像郡

写真方徳殿(宝物庫)

方徳殿(宝物庫)

写真大将軍神像(武装像)

大将軍神像(武装像)

クイズ Q

大将軍八神社の社紋とは?

住所 上京区一条通御前西入ル
電話番号 075-461-0694
FAX 075-461-0684
URL http://www.daishogun.or.jp
時間 5/1〜5・11/1〜5のみ開館10:00〜17:00(入館は16:00まで・その他の期間は要問い合わせ)
休館日 神社祭礼日・12/31 〜1/7
料金 500円
交通 市バス 北野天満宮前、北野白梅町から徒歩約3分

周辺施設

写真:三宅八幡神社 絵馬展示資料館

三宅八幡神社 絵馬展示資料館

かん虫封じのお礼参りを描いた絵馬

写真:高麗美術館

高麗美術館

朝鮮美術が物語る歴史と文化

写真:ユキ・パリス コレクション

ユキ・パリス コレクション

ヨーロッパの手仕事を一堂に

写真:ルイ・イカール美術館

ルイ・イカール美術館

アール・デコのパリジェンヌたち

error: