西エリア
あらしやまもんきーぱーくいわたやま

嵐山モンキーパークいわたやま

見どころ
売店で餌を買ったら、休憩所の中から柵ごしにサルに餌を与えることができる

柵なしで野生のサルと出会う

京都・嵐山は昔から人々に親しまれてきた日本でも有数の景勝地。嵐山連峰のひとつ、岩田山で野生のニホンザルの餌付(えづ)けを始め、1957(昭和32)年から一般公開された約6000㎡のモンキーパークがある。サルと人がお互いに安全な信頼関係を保てるよう「人間がサルに危害を加えない」ルールが徹底された結果、サルたちが人間を怖がることも攻撃することもなくなった。現在130匹の野生のニホンザルが伸び伸びと暮らしており、その様子を柵(さく)なしで観察できるのが魅力である。売店で餌を買って与えることもできるし、時間が合えば職員が餌付けをしている様子も眺められる。春には生まれたばかりの子ザルを見かけることもある。休憩所は展望台になっていて、比叡山をはじめ、京都市内を一望できる。嵐山を訪れた際にはぜひ一度立ち寄ってみては。

写真
写真

クイズ Q

お猿の寿命は平均何年ぐらい?

住所 西京区嵐山中尾下町61
電話番号 075-872-0950
FAX 075-872-0950
URL http://www.monkeypark.jp
時間 9:00〜16:30(山頂は17:00まで)・10/1〜3/14は9:00〜16:00(山頂は16:30まで)
休館日 無休(但し、大雨、台風などの場合は休園)
料金 一般550円・4歳〜中学生250円
交通 阪急 嵐山駅から徒歩約5分/嵐電 嵐山駅から徒歩約5分/市バス 嵐山公園、阪急嵐山駅前から徒歩約5分

周辺施設

写真:嵯峨嵐山文華館

嵯峨嵐山文華館

嵯峨嵐山の地で小倉百人一首と日本画の魅力を紹介

写真:花園大学歴史博物館

花園大学歴史博物館

蓄積された資料を広く公開

写真:京都花鳥館

京都花鳥館

花と鳥であふれる癒やしの空間

写真:想い出博物館

想い出博物館

コレクションが語る近代日本 幕末から原爆投下まで

error: