中央エリア
えんどうごうきびじゅつかん

遠藤剛熈美術館

見どころ
ひとりの女性を丹念に見つめた「日本の女」シリーズ。女性の思いが届くようである

情熱と信念の画家

ギリシャの神殿をモデルにしたファサードが印象的な建物。遠藤剛熈自らがデザインした美術館で、正面玄関や階段の手すりなど、随所に楢木のデコラティブなデザインが施された内装。今なお描き続けている遠藤氏の作品を初期から新作まで約2000点収蔵し、コーナーごとに展示している。内面を深く見つめ、個人として、真実のために、自分自身の信仰のために制作を続けてきた。その作品のほとんどは屋外で描かれ、直接対峙した自然の新鮮で生々しく強烈な存在と生命に感動と畏敬の念を持って制作している。重厚で透明感のある油絵は、一作に10〜20年かけて完成。鉛筆や墨、絵の具の黒で描いたデッサンは情熱が注がれ、既にデッサンの域を超え力強い生命力が感じられる。「黒と白」の絵、線(デッサン)を生かし、その上に油絵具等で彩色した絵、油絵[薄(透明技法)・中厚・厚]、水彩画・混合技法の絵などさまざまな手法で作品を作り続けている。

写真
写真
写真
住所 下京区猪熊通高辻下ル
電話番号 075-822-7001
FAX 075-801-0626
URL http://www.gohki.com
時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで・要予約)
休館日 月曜
料金 一般500円・高〜大学生400円・小〜中学生200円
交通 阪急 大宮駅から徒歩約7分/嵐電 四条大宮駅から徒歩約7分/市バス 堀川松原、大宮松原から徒歩約3分

周辺施設

写真:京都市市民防災センター

京都市市民防災センター

「見る、聴く、触れる、感じる」防災学習

写真:大西清右衛門美術館

大西清右衛門美術館

見るほどに趣きの深さに感じ入る

写真:京都産業大学ギャラリー

京都産業大学ギャラリー

学術調査の成果公開、「知」の発信担う

写真:京都水族館

京都水族館

水と共につながる、いのち

error: