東エリア
こんぴらえまかん

金比羅絵馬館

見どころ
著名人も絵馬を奉納。手塚治虫も絵馬にアトムやブラック・ジャックを描いて奉納している著名人も絵馬を奉納。手塚治虫も絵馬にアトムやブラック・ジャックを描いて奉納している

大きな絵馬に託された人々の思い

日本人の先祖は古くから、「神霊は馬に乗って降臨される」と信仰してきた。そこから、神事や祈願の時に、馬を神霊に捧げる「生馬献上」という風習が生まれたという。やがて土馬・木馬になり、板立馬、板絵と変化して絵馬が登場した。金比羅絵馬館は、日本独特の信仰絵画である絵馬を保存・展示するため、元の古い絵馬堂の建築美をなるべく損なうことなく改築したもの。1階は大絵馬展示室。江戸中期〜末期に豪商たちが商売繁盛・病気平癒を願って奉納した絵馬など約50点を展示している。弁慶と牛若丸、馬上の巴御前、鍾馗さんなど武者が中心である。四条派の画家が描いたものもある。2階は約500点が壁一面に掛けられた小絵馬展示室。マンガ家、芸能人が奉納した絵馬もある。隣には19世紀のアール・ヌーボーなどガラス工芸品の部屋も併設。

写真
写真
写真
住所 東山区東大路通松原上ル下弁天町70
電話番号 075-561-5127
FAX 075-532-2036
URL http://www.yasui-konpiragu.or.jp
時間 10:00〜16:00(入館は15:30まで)
休館日 ※現在休館中、再開時期未定
料金 一般500円・小〜高校生400円(ガラスの部屋入館料含む)
交通 市バス 東山安井からすぐ
駐車場 あり(無料)

周辺施設

写真:豊国神社宝物館

豊国神社宝物館

人々に愛された太閤秀吉の神社

写真:京都祇園らんぷ美術館

京都祇園らんぷ美術館

優美なランプを灯した時代へ

写真:野村美術館

野村美術館

近代随一の数寄者が愛した名品

写真:お辨當箱博物館

お辨當箱博物館

お弁当箱が語る江戸時代の食文化

error: